織物からみる着物

織物からみる着物

さて、とても多くの種類がある着物ですが、特に知られた織物からみていきましょう。

まず、「芭蕉布(ばしょうふ)」。これは沖縄産の糸芭蕉で織られた織物のことをいい、とても涼しいので、盛夏の着尺地として用いられます。
現在では、芭蕉の木の減少によってたいそう高価な織物となっており、国の重要無形文化財に指定されています。

次に、上等の布ということから名づけられた「上布(じょうふ)」。
現在でも、とても高価な麻織物で知られています。
麻はさらりとした感触なので、盛夏の着物地として最適ですね。

そして「お召」。
布全体にしぼがある先染めの縮緬のことをいい、お召縮緬の略称です。
しぼや風合いが縮緬とは異なり、しわになりにくい、生地に張りがあるなどの利点があるのですが、現代ではあまり使われなくなりました。

また、時代劇によく登場するので、なじみの深い「黄八丈」。
東京都伊豆八丈島で高機で織られる絹織物です。
黄色に縞や格子模様が印象的なので、ご存知の方も多いことでしょう。
親しみやすい感があるのですが、割合に高価な着物です。

他に、高級織物として有名な「塩沢紬」や「村山大島紬」、「結城紬」、「大島紬」などがあります。
どれも渋い色合いで高価なものですが、着物通の方にはとても人気がある織物です。

    Copyright(C) 着物文化 All Rights Reserved.