着物のお手入れ

着物のお手入れ

着物は高価なものです。
長く着るためには、お手入れが大切です。お手入れ次第で、着物の寿命が変わるといっても過言ではないでしょう。
また、着物はきちんと管理していれば、洋服と違って流行を問わず長く着られますから、結局は経済的なのです。

まず、着用した後は湿気を抜くために一晩衣紋かけにかけておきましょう。衣紋かけがなければ、ハンガーでもかまいません。

そして、一年に三度、虫干しを行う習慣があります。
7~8月は土用干し、10~11月を秋干し、1~2月を冬干しといって名前は変わりますが、行うことは同じことです。
天気の良い日が続く日中、二、三日の間部屋の中で着物を陰干しし、湿気を取り、その際、しみなどがないかどうかを確認しておきます。
万一しみが見つかった場合には、しみ抜きは専門店に任せるのがおすすめです。素人が行うと、着物を傷めることになりかねませんから。

また、着物を洗うときはすべてほどいて洗い、仕立て直すという手法がとられてきました。これは洗い張りといい、古くなった着物や高価な着物を仕立て直す際にも便利ですが、近頃ではクリーニング技術が発達したので、洋服と同じように洗ってくれる店もあるようです。

しかし、着物はとても高価でデリケートなもの。
クリーニングに出す際には、お店の方に着物を見せて洗濯が可能かどうか確認する、あるいは、専門店へ出すと安心です。

    Copyright(C) 着物文化 All Rights Reserved.