着物の格付け

着物の格付け

格式、という言葉を使うと堅苦しい感じがしますが、着物の場合では祝儀・不祝儀の場において、正礼装、準礼装、略礼装の別がはっきりとしています。
紬のようにとても高価なものでも、礼装の部類に属さない着物は、結婚式やパーティ、冠婚葬祭などには向きません。
洋服とは異なり、着物の礼装は一目でそれとわかるので、覚えておかれると良いでしょう。
礼装以外の着物は家庭で着たり、街着として楽しめます。

「略礼装の着物」には、以下のようなものが挙げられます。既婚者(ミセス)、未婚者(ミス)の区別なく着用でき、1つ紋が用いられたり、紋を入れないものも用いられます。

・付け下げ
・色無地
・江戸小紋など

「準礼装の着物」には、以下のようなものが挙げられます。略礼装と同様に、既婚者(ミセス)、未婚者(ミス)の区別なく着用できます。染め抜き日向3つ紋もしくは1つ紋が用いられます。

・振袖
・色留袖
・訪問着
・付下げ
・色無地など

「正礼装の着物」には以下のようなものが挙げられ、黒留袖と本振袖は既婚者と未婚者の別があります。正礼装には染め抜き日向5つ紋が用いられます。

・黒留袖(既婚者の慶事正礼装です)
・本振袖(未婚者の慶事正礼装です)、
・色留袖、喪服は、既婚者(ミセス)、未婚者(ミス)の区別なく着用できます。

    Copyright(C) 着物文化 All Rights Reserved.