正式な更衣

正式な更衣

四季がはっきりとしている日本ならではの更衣(ころもがえ)。
正式には、気候・気温に関わらず、日付で定められています。

うすものの着物は、7月1日から8月31日までの2ヶ月間。
単衣(ひとえ)の着物は、6月と9月の2ヶ月間。
袷の着物は、10月1日から5月31日までです。

さて、上記に挙げた着物の種類について、もう少し詳しく説明しましょう。

「うすものの着物」とは、絽(ろ)や紗(しゃ)といわれる盛夏用の、透ける生地を用いた涼しげな着物を指します。帯、長襦袢、小物も絽や紗、レースなどの夏素材を合わせて、夏の装いを楽しみます。

「単衣(ひとえ)の着物」とは、秋・冬用の袷の着物と生地は同じですが、裏地をつけずに仕立てたものを言います。また、同じ単衣の着物でも、6月に着用するものは、夏を感じさせる涼しげな柄の着物に夏用の小物を合わせ、9月に着用するものには、秋を感じさせる柄の着物に冬帯や小物を合わせて区別します。

「袷の着物」は、表地に裏地を縫い合わせた仕立て方法で仕上げられたものです。現在では、空調が効いた建物が多いので、夏場でも袷の着物を着用する場合もあるようですね。

また、このしきたりを受けて、学校や官公庁などでは6月1日と10月1日に制服の衣替えを行うところが多いようです。

    Copyright(C) 着物文化 All Rights Reserved.