素材からみる着物の種類

素材からみる着物の種類

着物、と聞くと、どんなイメージをお持ちになるでしょうか?

近頃では、夏になると浴衣が大流行りですが、他によく目にするのは、成人式の際の振袖などでしょうか。

しかし、実は着物は素材や染め方、織、格調など、様々な方法で分類されるほど、種類が豊富なものです。
ここでは、素材から着物についてご紹介しましょう。

「夏素材」
・絽(ろ)
薄地で通気性が良いことから、幅広く使われ、帯揚げなどの和装小物にも使われています。
・紗(しゃ)
縦・横が交差したもじり織りです。
・羅(ら)
紗(しゃ)を複雑にした織りで、帯やコート地として用いられる生地です。
・縮(ちぢみ)
麻糸に強い撚(よ)りをかけた、独特の織物です。新潟県の越後縮(えちごちぢみ)、小千谷縮(おじやちぢみ)、石川県の能登縮(のとちぢみ)などが有名です。
・上布(じょうふ)
高級品とされる上質の麻織物です。

「木綿」
街着やおしゃれ着として着やすいものですが、中には高級な着物に仕立てられているものもあります。

「化繊」
現代ならではの、着物生地です。安価でお手入れしやすいことから、人気を呼んでいるようです。

「ウール」
一年を通して着用でき、お手入れしやすいことから、こちらも人気がある生地です。

「紬」
・結城紬
重要無形文化財にも指定されている高級織物です。高価ですが、着物好きには最高の人気を誇ります。
・大島紬
こちらも高級着尺地として有名な絹織物。現在では大島絣(かすり)と呼ぶのが正しいようです。

    お薦めWEBインフォメーション

  • 業界トップレベルの技術と、安心の低価格で疲れた身体と心をリフレッシュしてくれるオイルマッサージを大阪で探すなら、出張マッサージにも気軽に対応してくれるので頼みやすく、施術のクオリティも高いのでお勧めです。

Copyright(C) 着物文化 All Rights Reserved.