このサイトについて

このサイトについて

日本特有の衣装・着物は、世界各国でも、そのまま「kimono」として通用するほど、有名な民族衣装です。

語源は「着るもの」という言葉が「着物」に変じたと言われていますが、平安時代の小袖に端を発し、江戸時代に現在の着物の形が完成しました。
平安時代では、小袖は下着のようなもので、貴族はこれに袖口の下を縫わない「大袖(おおそで)」と呼ばれるものを着込み、広く知られている十二単(じゅうにひとえ)のような、様々な装束を楽しんでいたようです。

このころ、一般男子は狩衣(かりぎぬ)や水干(すいかん)と呼ばれる衣装を、公家男子は束帯(そくたい)、衣袴(ほうこ)、衣冠(いかん)、直衣(のうし)、狩衣(かりぎぬ)と呼ばれるものを、公家女子は女房装束(唐衣裳装束)、小袿(こうちぎ)、壺装束(つぼしょうぞく)、衣(きぬ)かつぎと呼ばれるものを場面ごとに着こなしていました。

この時代に日本特有の衣装が完成され、当時の都・京都の気候風土に合った衣装が出来上がったようです。

現代では日常に着物を着ることはほとんどなく、茶席の場や正月、夏の浴衣など、お洒落着として好まれることが多くなってきました。
が、もともと着物は日本人の顔や体型に映え、日本の気候風土に適した衣装です。
いま一度着物の良さを見直し、身につける機会を増やしてみませんか。

    着物文化

    おすすめ情報

    ツモリチサトや桂由美などの有名ブランド着物や訪問着から大人な雰囲気を演出する色留袖まで着物のレンタルを考えているならレンタル衣装マイセレクトがおすすめです。若い世代だからこそ出せる斬新で新しい感性を伝統的なデザインとうまく融合させた商品を多く取り揃えているお店なので是非一度ご覧下さいね。
    Copyright(C) 着物文化 All Rights Reserved.